ISO22000「食品安全マネジメントシステムの国際規格」

ISO22000とは

 ISO22000は2005年9月1日に第1版が制定され、食品安全に関する「体系的な仕組み」をどのように組織の中に落とし込むか、その構築に必要な要求事項が整理されています。

 食の安全に関するハザード(危害)は、フードチェーンのあらゆる段階で起こりえるため、フードチェーン全体全体での適切な管理が不可欠である。これらの事を考慮するとISO22000で要求されている事項が「食品安全マネジメントシステム―フードチェーンの組織に対する要求事項」となっている事の重要性も確認できる。

 食品安全マネジメントシステムは、フードチェーン内の組織が、一貫して安全な製品を提供する仕組みを、組織の規模に関係なく適用することが可能であり、以下の事項のいづれかを達成したいと思う組織に適用される。

(1)消費者にとって「安心・安全」な製品を提供するためのマネジメントシステムを組織に導入したい。

(2)食品安全に関する法令・規制等をしっかり遵守している事を実証したい。

(3)顧客満足を向上するために、消費者を含めあらゆる関係者の要求される事項を明確にし、それにしっかり対応していることを実証したい。

(4)フードチェーンに関する原材料等の供給者、顧客および関連する利害関係者とのコミュニケーション(クレーム対応も含む)を効果的に実施したい。

ISOに関するお問い合わせ