ISO22000「食品安全マネジメントシステムの国際規格」

ISO22000認証取得のメリット

ISO22000は、組織の食品の安全管理を通して、消費者(または次工程の顧客)へ提供する製品の安全性、品質を高め、お客さまの満足度を高めるツールです。(使いこなして価値が出るもの)

 2005年9月1日に発行されたISO22000の構築においては、下記に示すメリットを追求し、新しい時代への生き残りをかけた安全管理、品質管理、改善活動を実施したいものです。

内的効果

社内活性化 1.方針→部門目標→目標達成の計画→チェック→更なる展開を実践できる。
2.社員一人一人の意識が向上し、組織の活性化に大きく寄与する。
3.常に業務を行う中で「PDCA」を回す習慣ができる。
4.役割・責任・権限の明確化。
業務効率化 1.業務のムダ・ムリ・ムラを排除し、業務効率化が図れる。
2.食品衛生の一般的原則に関する規則(一般衛生管理)の徹底が図れる。
3.食品に関する自社のハザード(危害)分析が実施できる。
4.社内情報共有の推進の起点となる。
5.教育計画の更なる充実とその有効性の確認ができる。
業務適正化 1.お客さまの「真の声」を組織のマネジメントへ反映できる。
2.クレーム対応の全社的な手法を明確にできる。
3.組織内の更なるチェック機能が生まれる。
4.不具合事項の再発防止。
5.データ分析による情報の提供ができる。
6.業務を継続的に改善し、より良い方向へ向け、顧客満足を追求できる。

 

外的効果】

信頼性 1.国際基準を満たすことが、顧客の信頼性向上につながる。
2.エンドユーザー(最終顧客)の信頼性向上につながる。
3.株主や供給者(下請)などの利害関係者との信頼性向上につながる。
取引条件 1.顧客の入札条件を満たすことができる。
2.海外取引の条件を満たすことができる。
3.同業他社との差別化が図れる。
4.顧客から求められる手順・記録を提示することができる。

ISOに関するお問い合わせ