ISO9001「品質マネジメントシステムの国際規格」

ISO9001とは

 ISO9001は1987年に制定された品質管理及び品質保証に関する国際規格です。

 お客様が安心して商品を購入できるようにするには、誰にでもわかる基準品質を保証する必要があります。日本にはJIS(日本工業規格)があり、各国においても品質を保証する独自の規格が存在します。しかしながら国際化の進んだ現在においては統一した品質保証規格の必要性が高まってきました。その規格がISO9001となります。(世界130ヶ国以上で採用)

 品質マネジメントシステムとは日本語訳の通り、「品質を管理する」と捉えるのではなく、お客様に届く最終的な品質(製品、サービス、工事の仕上がりなど)はどうなのかという結果を用いて、仕事のやり方、設備、材料、従業員の指導など(プロセス)を管理、改善していくという意味で捉えられたほうが分かりやすいです。その結果としてプロセスの質を上げていくことで、製品、サービスの質も上がっていくことが可能となるという事です。

ISOに関するお問い合わせ